m-ecl お盆休み編


ふっふっふっふ。グフ,グフフフフ。
ネーム字幕:夏菜 24歳 独身 ブラック企業勤務?

コロナ期間にもかかわらず、全く休みがなかった、私の奇跡のお盆休みは、
夜までお酒を飲んで、ゲームして、お菓子を食べて、アニメを見て、
夜更かし祭りじゃぁあああ


この数週間はあのクソほどイケメンだけど、鬼のような上司の鬼シキ(本名:錦)に散々こき使われてたからなぁ!!卍!!
(なんでこんなのもできねんだ!)(おい!期限迫ってんぞ!!早くしろ!!!)
あぁ、、、連休♡、、、なんて幸せなのでしょう♡


あの鬼シキも優しくて笑顔だったらモテるんだろうけどなぁ…(モクモク…王子様風鬼シキ)確かに顔はまじでかっこいいもんなぁ(小声)
小:ない 中:ない 大:ない!
あの鬼しきに限ってそんなことはありえないワロタ

【時間の描写】
時計で定時を指してる感じの小さいコマ


よっしゃぁ!終わったぁ!!
やっと私の スウィート,スウィートお盆♡ のハジマリデス😉✨

【ナレーション】
夏菜のお盆休みは地獄の始まりだった。。。


ただいま〜って一人か。(小声)
。。。て、あれ?(風呂上りでタオル頭に巻いてる)
マスクばっかりでほぼ化粧なしだったから
そんな気にしてなかったけど、ニキビできてね?
これはなかなかやな。ん〜鼻にできるやつ痛いんだよなぁ
まぁ治るか。

ーー翌朝ーー


ふぁ〜あ
顔を洗う。
ん!?
鼻が木苺みたいになってる!!!オェェ
(モクモクで木苺実写)


なにこれ!!むりムリ無理!
お盆明けはうちの部署の決起会…
鬼しきの前でマスクを取らないといけない、、、地獄の時間が目に見える..(泣)
(モクモク…鬼しきが「嘘だろ。。仕事だけじゃなくて顔もヤベェのかよ…キッタネェ」)


ぁぁああ、あの人は言いかねないーーー涙
みんなの前でも容赦無く言ってくるタイプだぁぁあ


私のお盆休みが、、、(チーン)
誰か,,,かわいそうな私を慰めて。。。(スマホでLINEをスクロールして漁る)
/
プルルルル..ガチャッ
夏菜「春菜ぁぁああ〜〜泣!!」
春菜「うっうるさっ(ちょい引き気味)」「なにょどうしたのおねぇちゃん」(ネーム字幕:春菜 妹 23歳 外人の彼氏持ち 航空会社勤務)
夏菜「聞いエッウグッウッ、ワダヂのオボンがッウグッッ」(号泣)
春菜「わかった、わかったから落ち着いて ハァァ」(ため息)

10
春菜「なるほどねぇ、お盆休みの前にニキビに襲われてると。。」
夏菜「そうなの。(グスッ)でも春菜はめっちゃ肌綺麗じゃん!。。。」「なんで同じ遺伝子(妹)なのにあんたはそんなに…」

11
夏菜「なんで仕事で生活リズムバラバラで(キャビンアテンダントをやっている妹を思い出しながら話している)、お酒とかホテルで飲んでるんでしょ!?なんで!ねぇなんで!」
春菜「あぁ〜、もしかしておねぇちゃんあれ使ってないの?」(電話しながら頭ポリポリ)
「仕事バッチリやって、プライベートも楽しみたい女性には必須だよ?」

12
小さい夏菜「? ? ?」(小さい夏菜が頭の上に?を並べている)
春菜「私もCA始めた頃は、夜中も宿泊フライトあるし、女社会で人間関係ヤバヤバだし〜」
「ホテルでお酒飲んで,お菓子食べて,暴飲暴食しないとやってけなくってさ 笑」
「だから私だって、この仕事始めたたての頃はニキビ酷かったんだよ〜」
夏菜「確かに,,,思い返せばあんたが1,2年目の頃は肌酷かったかも。。」

13
春菜「そっ。これがその頃の写真w(LINEで送っている) 今のおねぇちゃんみたい笑」
夏菜「(後頭部だけ3/2くらい見えている)うっわ、ほんとだ!」(携帯の画面に肌の汚い女性)

【実際のB写真】

春菜「でもね、このエクラシャルムを知って世界が変わった。」
「生活は全く変えてないのに肌荒れがゼロになったの。っていうかむしろ綺麗になったの笑」
夏菜「は!?なんで!!なにそれ!!!」

14
春菜「まさかエクラシャルムを使い始めて1週間で綺麗になるとは思わなかったよ笑」
「おかげで機内でもジェームスやデビットと出会えたし♡」(機内でモテモテの感じ)
夏菜「えっ!?1週間でそんなに変わったの??」
「エクラシャルムって一体何者!?」(スマホを耳につけながら)

___冒頭終了_________________________________________

【繋ぎでの約束事】
基本的に設定は電話である。(リモートのイメージがあるのであえて今回はやってみる)
そのため、他の記事のリライト発注部分も電話で話してるように行うこと。(これで全く別物の記事に生まれ変わる)

___アフターストーリー_________________________________________
1週間後のアフターストーリー部分

15
[お盆明け] 決起会にて、、、
鬼しき「乾杯!」「…ん?お前なんか綺麗になってないか?」
夏菜「えっ照。(錦さんがまさかそんなこと…)」
鬼しき「夏菜、めっちゃ綺麗だな(優しい王子様フィルタかかって笑顔)。いつもきつく当たってごめんな。」(王子風キラキラ)
夏菜「いや、えっと、、、、キュン♡」(小さい文字で:これが好きって感情か)(錦の方から小さい天使が夏菜の胸をハートの矢で射抜いている)

16
この後私たちがどうなったかはご想像にお任せします♡笑
夏菜「本当にエクラシャルムに出会えてよかった!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です